FX

新車 値引き

新車を安く買うには値引き、現在乗っている愛車を高く売る2つの方法しかありません。新車の値引き術と乗っている愛車を一番高く売る方法を解説しています。

メーカー別に交互に乗る

車は新車しか乗りたくないといった人は別メーカーの車両を交互に乗る方法がお得でもあります。理由としては他社からの乗り換えとなると下取り価格はもちろん、メンテナンス、保証といったサービス面でも優遇措置を受けられる可能性があるからです。

実はディーラーの営業マンは他社からの乗り換え顧客をゲットできると会社から報奨金を出すといった企業もあります。さらに自社の車を購入してもらうことができると車だけでなくこれから先の車検であったり、修理などもディーラーで行うことがほとんどになると思いますので車を売る以外にもビジネスチャンスが増えるといったメリットがあります。

特にこの新車のメーカー乗り換え手法が通じるのはトヨタ自動車、日産自動車とされています。この自動車の2大メーカーは競合性があり乗り換えとなると非常に優遇される傾向があります。

ホンダ自動車にはこの方法は通用しないとされています。ホンダは販売戦略が独自であり他社から顧客を引っ張ることにあまり執着がありません。

ですが車もやっぱり自分との相性があると思います。こういった戦略的な乗り換えも良いですが、自分が運転しやすい快適なメーカーの車に乗るのも全然ありです。

上記にあげた解説はあくまで一例であり、少しでもお得に車に乗りたい場合に実践してみてください。

できるだけモデルチェンジ前に手放すのが最適

車を買い換える時期については高額売却を目指すのであれば今乗っている車がモデルチェンジされる前に買い換えるのがお得と言われています。

新しいモデルの車が登場すると旧型というのは中古車市場にも数がでてきて買取金額も減額されてくる傾向があります。

特に大衆車で人気のある車は一定数はモデルチェンジをすると乗り換えをする人がいます。

ですからモデルチェンジ後に売ると相場よりも安い金額で査定されやすいです。

これはディーラー系の下取りでも同じで、モデルチェンジ後に売るのであれば下取りに出すよりも買取に出した方が少しは高く売れる可能性があります。

また複数の買取店に査定してもらうのも高額売却のコツです。

これまた一定数は現行モデルよりも旧型の形が好き。性能が好きといった方もいます。

そういった方たちを顧客に持っている買取店では旧型であっても状態、走行距離などが妥当であれば高額買取の期待を持つことができます。