FX

新車 値引き

新車を安く買うには値引き、現在乗っている愛車を高く売る2つの方法しかありません。新車の値引き術と乗っている愛車を一番高く売る方法を解説しています。

売却時に高く売れる車の色を選ぶコツ

車のカラーリングにもトレンドがあることをご存知ですか?
実は景気が良い時はカラフルなカラーリングの車を選ぶ傾向が日本人は多いです。

そして、不景気の時は落ち着いたカラーリングを好む傾向があります。

ですが、売却するときのことを考えて車を購入するのであればカタログの表紙にのっている車を選ぶことが一番高く売れるカラーリングといったことがあります。

車種のカタログに一番最初に乗っているカラーリングというのはその車両を代表する色であり今でもその傾向が自動車カタログに色濃く反映されています。ですから審査を買う場合にはまずカタログにも目を通しておくことが大切です。

あまり自動車の色に好みがない場合は無難にカタログの表紙、最初のページにのっている車両の色を選ぶと売却時にも高査定の期待をもつことができます。

汚れやサビの目立たないカラーリングならシルバー

無難なカラーとして昔から根強い人気を誇っている色があります。

それがシルバーカラーの車です。
白や黒はどうしても汚れが目立ちやすいカラーになります。しかしシルバーは汚れの色具合とマッチしているので汚れが溜まっていてもあまり目立ちにくい傾向があります。

でも注意点としてはシルバーカラーはあまり人気のあるカラーリングではありません。

したがって売却時にカラーリングによって買取価格がUPするといった期待をもつことができません。
 

売却時のセルフ塗装はご法度

車を売るときの話になりますが、長年乗っていれば飛び石などにより小さなキズがボディにつくのは致し方ないことです。

これが査定でマイナスになると思って自分でカー用品店にいって車の色にあった塗料を買って塗る人がいますが、やめておいた方が無難となります。

現在の車のカラーリングというのは本当に細分化されておりカタログを見たことがある人ならわかると思いますが、ホワイトにしても●●ホワイトといった感じで様々な発色のホワイトカラーが登場しています。

カー用品店においてある車両専用の塗料であっても塗ってみると微妙に色が違うといったことはよくある話です。

しかもそれが逆に目立ってしまいますので査定評価に響いてきます。

小さなキズ程度ならほとんど車の査定には響かないので自分で直すことはやめてそのまま査定士に診てもらった方が良いです。

せっかく少し高く売れる車も自分で直したばかりマイナス評価を受けたのではもったいないですよね。

できるだけ小さいキズ程度であればそのまま診てもらいましょう。

査定士にキズを直したらどのくらいプラス査定になるのか聞いてみて費用対効果が良ければ業者に頼んで修理をしても良いかもしれませんが、あくまで費用対効果があってからこそです。