FX

新車 値引き

新車を安く買うには値引き、現在乗っている愛車を高く売る2つの方法しかありません。新車の値引き術と乗っている愛車を一番高く売る方法を解説しています。

本当に必要なオプションかどうかを見極める

昔とくらべて車の標準装備というのは最初の段階では少ない状態になりました。これは車両価格をできるだけ下げて求めやすい形にしたのが一点。

もう一点は顧客独自のカスタマイズ性を尊重する働きが強くなったからです。同時にオプション装備によって少しでも利幅を取るのも自動車メーカーの狙いでもあります。

選択肢は広がった傾向があるのですが、あまり多くオプション装備を充実させると車両価格が大幅に上がってしまうのも問題です。

昔と違いタバコの灰皿もオプション装備となり別途費用がかかるのも珍しくなくなりました。

このような標準装備が少なくなった背景にはメーカーがつける標準装備よりも機能性が高くコストが安い社外品を取り付けることが多くなったのもあります。また取り外した装備はゴミとして捨てられるケースも多かったようです。

時代は変わりエコブームとなっている昨今ではできるだけゴミのでない製造も視野に入れられています。無駄は極力排除して乗るユーザーが本当に必要なオプションだけを自分で選ぶ方が自動車製造のコスト削減。またユーザーのカスタマイズ性が豊富になることから標準装備といったものはメーカー側でほとんどつけることがなくなりました。

上手なオプションの選択方法は数年先を見通すこと

実際に新車を見に行って標準装備だけでは物足りなさを感じることがあると思います。

また営業マンの口車に乗せられて必要ないオプションをつけてしまうかもしれません。ですが、そこで少し考えてみましょう。

本当に必要なオプションというは限られてくるはずです。

ましてやデジタルテクノロジーが急速に発展してる時代ですから、カーオーディオ、ナビなどにとって変わる機器が販売されるかもしれません。現在ではスマホと連動できる車やUSBの差し込みが装備としてありタブレット、スマートフォンでナビの役割をさせることも可能な時代です。

オプションに迷ったらあれも、これもとつけずに最先端のものだけをつけておくのも良いかもしれません。

テクノロジーの進化とともに車の進化も急速になっていています。数年前につけたオプション装備が時代錯誤となり査定評価を下げる可能性もありますのでオプションは自分にとって本当に必要なものだけをつけるのがベストです。

その方が車両価格も膨らまずに済みます。